スループットメーター

どこにいても仕事ができる ― 必要な帯域幅は?

2022年4月8日
翻訳: 島田 麻里子

この記事は米Catchpoint Systems社のブログ記事 Work From Anywhere - How Much Bandwidth Do You Need?の翻訳です。
Spelldataは、Catchpointの日本代理店です。
この記事は、Catchpoint Systemsの許可を得て、翻訳しています。


2020年以来、大企業と従業員体験管理について話していると、ある質問が一貫して出てきます。
「従業員がシームレスに仕事をこなせるようにするには、適切なインターネット接続をどのように決めればよいのか?」ということです。

「どこでも働ける」時代になって久しいですが、従業員体験のマネジメントは、まだまだ企業が頭を悩ませているところです。
ほとんどの社員がリモートワークを続け、新しい場所へ引っ越すことも増えています。
従業員の所在地や使用するISPなどによって、ユーザ体験は大きく異なるため、上記の質問には答えにくいものなのです。

私は、さまざまなネットワーク環境で仕事をし、またお客様から洞察を得て、インターネット接続や帯域幅の問題にどのように対応するのが最善かを考えてきました。
ここで私の考えを述べますが、この記事は、電話会議のような一般的な作業を行うリモートワーカーなどの一般的なインターネットユーザを対象としており、対戦型ゲーマーなど、帯域幅を多く消費するユーザーにはあまり焦点を当てていないことに留意することが重要です。

リモートワークの経験談

数年前、私はフィラデルフィアに住んでいて、Verizon Fiosの200Mbpsのインターネットを楽しんでいました。
普段私が在宅勤務をしているとき、建物の中に他にも数人いても、十分すぎるほどサービスが行き届いていました。

当時、いくつかのバンドと一緒に演奏していたミュージシャンとして、ツアー中のバンドに宿泊場所を提供することもありました。
その結果、私の住んでいる建物は満室になってしまいました。
(ご安心を。私がオーナーなので、大家さんは了承済みでした)

多くの人が番組を見たり、ゲームをしたり、SNSを見たりしている中でも、サービスには全く問題がありませんでした。

契約が終了になると、Verizonは、サービスを延長すると帯域幅が5倍のギガビット接続にアップグレードするよりもコストがかかると告げました。
その厳しい選択を必死に考えた結果、私はより安くて良いサービスを選びました。
真っ白なキャンバスから、マトリックスの白い部屋に行くような感覚でした!

マトリックスの白い部屋

パンデミックの1年ほど前、私の家族はシアトルに近い田舎に引っ越すことにしました。

インターネットの選択肢は非常に限られていました。
Century Link、HughesNet、もしくは携帯電話会社などです。
諸般の事情により、最初の2つの選択肢には入れず、携帯電話キャリアを検討しました。

既存のモバイルサービスはGoogle Fiでした。
このサービスは、基本的にT-Mobile(この地域で最高のカバレッジを持つことがすぐにわかりました)への仲介であったため、うまくいったのです。

しかし、Fiにはデータ用の優れたオプションがありませんでした。
仕事で電話会議をすることを考えると、データ容量のスロットリングのためそれは不可能であることがすぐにわかりました。
Verizonの愛用者である私は、そのサービスを試したところ、データ通信の制限は問題ないものの、私の住んでいる地域のカバレッジがうまく機能しないことが判明しました。

最終的に、T-Mobileに決めました。
驚いたことに、これでデータ量無制限、スロットリングなしのホットスポット回線が手に入りました!
それを、妻が「カニ」と呼んでいる高級モバイルホットスポットに接続したのです。

私はよく、Endpoint Monitoring製品に含まれるCatchpoint User Experienceというアプリを使って、帯域幅の状態を確認しています。
また、私のネットワークに他の問題がないかどうかもすぐに確認することができます。
こちらは妻がZoomのトレーニングに参加している間のテストランです。

Catchpoint User Experience テストラン

おそらく最高だったであろうインターネットから、自分の環境において一番であるインターネットに切り替えたことを考えると、最適な体験を得る方法を理解するために、慣れるまで少し時間がかかりました。

仕事(またはその他のオンライン活動)で利用可能な帯域幅について

私の人生の話にお付き合いいただき、ありがとうございます。
さて、ここからが面白いところです。

私のサービスは4G携帯電話で提供されているため、結果はさまざまです。
そのため、私と愛妻は、帯域幅が私の邪魔になるとき(または私たちがお互いの邪魔になるとき)には非常に注意しています。

私たちの帯域幅は、まさに仕事に使えるかどうかの瀬戸際なのです。
私の帯域幅が3Mbps以上のダウンロードとアップロードの速度であれば、最小限の問題でZoomとTeamsの通話を楽しむことができます―もしかしたら、親類の長引くZoom通話からの逃げ道としては、都合が悪いかもしれませんね!
同様に、私たちはほとんどの場合、回転する車輪に怒鳴ることなく、番組をストリーミングすることができます。

問題が発生するのは、通常、1Mbps程度になったときです。
これより少なくなると、状況は悪くなります。

もちろん、すべてのネットワークでこのような帯域幅のばらつきがあるわけではありません。
しかし、これまで住んできたほとんどの場所(私は何度も引っ越したことがあります)で、プロバイダーとの契約では最低サービスレベルの引き上げを約束しているにもかかわらず、帯域幅にばらつきがあることがわかりました。

大手ISPを利用した場合、郊外で最も安定した通信ができることがよくわかります。
ニューヨークとサンフランシスコでは、混雑のために時間帯によって帯域幅が大きく変化することに気づきました。
(仕事帰りにストリーミングする隣人が多すぎる、都市におけるモバイルネットワークの混雑に関するこちらの記事と同様です)

ブルックリンでは、Catchpointのデータとトレースルートを使って、Comcast社に容量を追加するよう説得しました。
その建物では、あまりにも多くの隣人と回線を共有していたため、利用がピークに達したときにサービスが使えなくなったのです。

同時に、ISPがここまで積極的に動いてくれるのは珍しいことです。
あの時はラッキーでした。

少々多めの帯域幅が必要

帯域幅の急激な変化(50%以上)への対応が予想されるため、個人的にはネットワーク上一人当たり20Mbps以下のインターネット速度になるようなら、新しい場所へ引っ越しすることはお勧めしません。
特に、関係する各個人が定期的に、かつ重複してインターネットを利用する場合は、その傾向が強いと言えます。

通常なら1人あたり10Mbpsあれば十分ですが、帯域幅を2倍にすることで、サービスが低下したときのためにゆとりあるスペースを確保することができます。
もし可能であるならば、手間や不満を避けるため、余分な容量に投資する価値は本当にあります。

私は新しい低帯域をライフワークにしている一方で、2021年の秋にはスターリンク社の衛星インターネットを導入する予定なので、楽しみです。
うまくいけば、衛星を追加することで、木々が信号品質に与える影響についてredditに掲載されていた問題を軽減することができます。
我々の幸運をお祈りください。

ガートナー社のレポートをダウンロードして、リモートワーカーのアプリケーションパフォーマンスの監視とトラブルシューティングの詳細をご覧ください。