SpeedData

システム監視状況

ブログ

Adobe Experience Cloudの障害:サードパーティサービスに依存することの影響

Adobe Tag Managerのエラー

2024年1月23日

2023年12月8日、アメリカ東部標準時間午前8時から9日午前1時45分まで、Adobe Experience Cloudで障害が発生しました。
これほど大規模なサードパーティの障害は、2018年のダブルクリックの障害以来見られませんでした。
Adobe Analyticsによると、Experience Cloud内で複数のサービスが数時間にわたって停止したとのことです。

インサイトとイノベーション:Gartner ITシンポジウム/エキスポ 2023

IT Xpo

2024年1月10日

Gartner社は最近、オーランドとバルセロナでそれぞれ年に一度のITシンポジウム/エキスポを開催しました。
私たちCatchpointはこの2つのイベントに参加しました。
4日間にわたって、学習、ダイナミックな会話、革新的なセッションが目白押しでした。

クラウド監視を極める―デジタル時代における中断のないパフォーマンスの確保

クラウド監視

2023年12月22日

急速な技術進歩が著しい時代において、クラウドは変革の力として台頭し、企業がデータを保存、管理、処理する方法に革命をもたらしてきました。

ホリデー体験のSLOの準備は整っていますか?

クリスマスのSLO

2023年12月15日

デジタルサービスが休日のトラフィックに依存しているなら、今こそサービスレベル目標(SLO)をチェックする時です。
それがない場合、または可用性ベースのSLOしか使用していない場合は、必要なエクスペリエンスSLOを設定する時が迫っています。

オペレーションの未来: AIによるインターネット・パフォーマンス監視

スマートボード

2023年12月6日

Catchpointの理念は、AIを単にAIのためだけに導入すべきではないということです。
むしろ、AIが特定のビジネス課題に対処するための最も効果的なソリューションであることが証明されたときに採用されるべきです。
現在、世界がAI革命の熱狂に包まれている一方で、業界をリードするIPMプラットフォームは、長年にわたり静かに人工知能の可能性を活用してきました。

2023年秋 プロダクト発表会のまとめ

Catchpointの新情報

2023年12月1日

2023年秋のプロダクト発表会では、検知までの時間を短縮し、自動化機能を向上させ、グローバルなオブザーバビリティ・ネットワークをさらに拡大する、Catchpointの最新のイノベーションを紹介しました。

アプリケーション監視の進化:Catchpointトレーシングの導入

インターネットトレーシング

2023年11月16日

「クラウド・ネイティブ」が複雑さと分散を意味するようになった時代において、アプリケーション監視の世界は大きな課題に直面しています。

インターネットソナー:障害検知のゲームチェンジャー

インターネットソナー

2023年11月9日

障害によって毎分数万ドルの損害が発生するような場合、障害の原因をできるだけ早く特定することが極めて重要なミッションとなります。
今は、干し草の山から針を探し出すような、責任のなすりつけ合いや、急ごしらえの作戦会議をしている場合ではありません。
障害の検出を迅速化するためには、シンプルでインテリジェントな、信頼できるインターネット・ヘルス情報が必要です。

今年のハロウィンが待ち遠しいホラー映画

ハロウィーンのかぼちゃ

2023年10月31日

葉が落ち、夜が暗く寒くなる季節です。
パンプキン・スパイスの香りが広がり、アップル・サイダーが突然流行りだし、子供たちは毎年恒例の隣人への「トリック・オア・トリート」に参加するためにコスチュームを用意し始めます。
芝生には墓石や骸骨、魔女が出現し、不気味な雰囲気が漂います。

早期発見とインターネット・レジリエンスの関連性:Salesforceの障害から学ぶこと

Salesforce

2023年10月26日

障害にかかる1時間あたりのコストを調査したほとんどすべての研究は、必ず「障害にはコストがかかる」という明確かつ否定できない結論を導いています。
2016年の調査によると、ダウンタイムの平均コストは1分あたり約9,000ドルと見積もられています。
さらに最近の調査では、回答者の61%が障害によるコストは少なくとも10万ドル、32%が少なくとも50万ドル、21%がダウンタイム1時間あたり少なくとも100万ドルと回答しています。

DNSキャッシュポイズニングのリスク - ケーススタディ

毒キノコ

2023年10月24日

最近、私たちはスポットライトを浴びていないが、サイト運用に大きな影響を与える第三のリスクに出くわしました。
大手のeコマース企業と作業している際に、彼らのモバイルサイトを監視していると、時折DNSエラーが発生していることに気付きました。
何時間ものトラブルシューティングと実験の後、モバイルサイトのプロバイダであるUsablenetが誤ってDNSキャッシュを汚染していることが判明しました。

DNSSECとは?

暗号化

2023年10月23日

過去数年で、DNS関連の攻撃手法(スプーフィング、キャッシュポイズニング、DNSハイジャックなど)の数は前例のないほど増加しました。
これが、DNSにセキュリティ拡張を追加するための「ドメインネームシステムセキュリティ拡張(DNSSEC)」の開発を促しました。

GigaOmウェビナーまとめ―専門家の洞察:プロのように障害を乗り切る

システムのハンドリング

2023年10月19日

ウェビナー「専門家の洞察:プロのように障害を乗り切る」では、Catchpointのプロダクト・マーケティング担当VPであるHoward Beader氏が、GigaOm社のCTO兼リード・アナリストであるHoward Holton氏にインタビューしました。
2人のHowardは、インターネット・レジリエンスという重要なテーマと、今日のデジタル時代におけるその意義について深く掘り下げました。
以下はその重要なポイントの要約です。

ピーク時に最高のパフォーマンスを:Catchpoint インターネット・レジリエンス・プログラムを開始

ブラックマンデーセール

2023年10月11日

最新のお知らせで、Catchpointはインターネット・レジリエンス・プログラム(従来はブラック・フライデー・アシュアランスとして知られていました)を発表することができ、大変嬉しく思います。
このプログラムは、重要なイベント時にWebサイトやアプリケーションのパフォーマンスとレジリエンスを確保するために、専門エンジニアのチームをオンデマンドで利用できるようにするものです。
eコマース企業がホリデーシーズンのピーク時にこのプログラムが不可欠であると考える理由は明らかですが、ITチームが限界まで引き伸ばされるのはショッピングイベントだけではありません。

RUMとInternet Synthetic Monitoringの相互補完力

多眼的モニタリング

2023年10月06日

ユーザの期待はかつてないほど高まっており、パフォーマンスの不調はユーザの不満やビジネス機会の損失に繋がります。
デジタル資産に対するリアルタイムの洞察を得て、この競争環境で成功するには、企業はSyntheticとReal User Monitorin(RUM)の両方を組み込んだInternet Performance Monitoring(IPM)が必要です。
RUMとSyntheticは、同時に使用することで、パフォーマンスとユーザ体験の包括的なビューを提供する、2つの強力なツールとなります。

BGP監視のマイルストーンとCatchpoint初の特許を祝う

BGPで繋がる世界

2023年9月22日

Catchpointは先日、当社初の特許取得という重要な節目を迎えました。
この特許は、発明者であるスタッフ・エンジニアのAlessandro ImprotaとLuca Sani、エンジニアリング担当VPのSergey Katsev、そして最高製品・技術責任者のDritan Suljotiの功績を保護するものです。
この特許は「ターゲット自律システムに到達するために交差するボーダー・ゲートウェイ・プロトコルのネイバーの数を減らす方法とシステム」を構築するものです。

Catchpointとインターネット・パフォーマンスの15年の歴史を振り返る

Catchpoint 15周年

2023年9月22日

15年前、インターネットというのはまったく異なる場所でした。
それはまったく異なる規模で運営され、異なるマーケット・リーダーが存在し、異なる技術的課題に直面していました。
しかし、変わらなかったもの、それは最高のパフォーマンスとレジリエンスに対するニーズであり、それはかつてないほど高いものだったのです。

インターネットパフォーマンス監視(IPM)で収益を上げ、インターネットの途絶からビジネスを守る方法

収益を守る

2023年9月15日

ここ数カ月、私達はForrester Consulting社が実施した最近の調査から、示唆に富む結果を分析してきました。
この調査の1ヶ月前、インターネットの途絶により、調査対象の組織の37%が100,000ドルから499,000ドルの損失をしたと推定しており、39%が500,000ドルから999,999ドルの損失をしたと答えました。
十分な「見える化」をしてない場合、企業は平均で月に76回の途絶を経験しています。

Catchpoint 6つのGartner® ハイプ・サイクル™・レポート2023で評価される

ハイプ・サイクル

2023年9月14日

今回の記事では、Gartner社が発表した6つの新しいハイプ・サイクル・レポートの各カテゴリーで、Catchpointについて言及されていることをお知らせします。

クラウドプロバイダは、あらゆることを、あらゆる場所で、一度に伝えているだろうか?

インターネットスタック

2023年9月12日

インターネットは今日、組織が依存する新しいエンタープライズネットワークです。
しかし、主要なアプリケーションやシステムのほとんどはクラウドにアウトソースされています。
幸いなことに、クラウドプロバイダはアップタイムを維持することに注力しており、障害情報を迅速にステータスページに掲載しています。
しかし、それは本当でしょうか?

AWS Lambdaを紐解く:スケーラビリティと適用性を探る

グローバル規模のネットワーク

2023年9月11日

マイクロサービスとサーバレスアーキテクチャに関するこのブログシリーズの最終回では、私たちの経験から生じた中心的な疑問の1つをより深く探ります。
「AWS Lambda にはスケーラビリティの問題があるのか?」
AWS Lambdaのスケーラビリティの複雑さを深く掘り下げ、その強みと潜在的なボトルネックを検証します。

DORAの準備はできていますか?

銀行とICT

2023年9月8日

子供向けの人気テレビキャラクターと混同しないでください。
DORAは金融業界向けの新しいEUの規則で、デジタルオペレーションレジリエンス法(Digital Operational Resilience Act)の略です。
DORAは2023年1月16日に法制化され、2025年1月17日から適用が開始されるため、最高リスク責任者や最高情報セキュリティ責任者などの金融業界の上級幹部はその意味を理解し、初日からコンプライアンスに備えることが極めて重要です。

ウォータークーラーなしで人間関係を構築する方法

ウォータークーラーと人々

2023年9月7日

何十年もの間、ウォータークーラーは現代の職場の象徴として君臨してきました。
それは集まる場所としての役割を果たし、自然な会話のきっかけにもなり、異なる部署の同僚が集い、役職や上下関係の垣根を越えて話を共有する社交場でもありました。
もちろん、パンデミックはそのすべてを変えました。
突然オフィスは空っぽになり、ハイブリッドの職場やリモートの職場が流行しました。
オンラインコミュニケーションにおいて、ウォータークーラーに代わるものが必要になっています。

途絶によるコストを計算する:Webサイト体験監視が必要な理由

速度と収益

2023年9月5日

今日、提供する製品やサービスにかかわらず、あらゆるビジネスがハイテク企業になっています。
Tesla社は自動車を製造するハイテク企業ですが、Footlocker社もまた、スニーカーを販売するハイテク企業だと言えるかもしれません。
このような状況を踏まえ、Catchpointがフォレスター・コンサルティングに委託して実施した、eコマース企業に対するインターネット途絶の真のコストに関する2023年の調査結果は、Eコマース企業だけでなく、オンラインプレゼンスを持つ全ての企業の背筋を凍らせるものでした。

サーバレスの景観をナビゲートする:トレースコレクタAPIの旅からの教訓

APIを介した接続

2023年9月4日

今回は、Prime Videoのケーススタディと並行しながら、トレーシングコレクタAPIの実装にまつわる私たちの旅にスポットライトを当てます。
私たちの経験、直面した課題、そして学んだ教訓を共有します。
さらに、AWS Lambdaのスケーラビリティ、様々なシナリオにおけるサーバレスアーキテクチャの適用可能性、あらゆるアーキテクチャセットアップにおける監視の重要性にまつわる重要な疑問を解決することを目標とします。

デジタル体験を向上させるのは、顧客だけでなく、従業員も重要です

良い従業員体験

2023年9月3日

収益と優れたカスタマー・エクスペリエンスとの関連性は明らかであるため、注目の的であり、最優先事項であることがよくあります。
しかし、ほとんどの組織が気づいていないのは、それと同じくらい重要な、まったく別のタイプの顧客が存在するということです。
従業員です。

誤解を解く: Amazon Prime Videoのマイクロサービスとサーバレスへのアプローチ

サーバレス

2023年8月30日

このブログでは、Amazon Prime Videoの再設計されたアーキテクチャについて詳しく見ていきます。
それがモノリスへの回帰を意味するのか、それとも最適なパフォーマンスとコスト効率のために異なるアーキテクチャスタイルを調和させて統合するものなのかを分析します。
さらに、「サーバレスファースト」という考え方と、特定のユースケースと要件に基づいて代替的なアーキテクチャアプローチを考慮する重要性についても議論します。

サードパーティソフトウェアに起因するWebサイトの隠れたる危険:5つの重要な教訓を含むケーススタディ

サードパーティーコンテンツが仕込まれたWebページ

2023年8月29日

Webサイトでサードパーティのソフトウェアを使用することは、リスクとリターンがあります。
eコマースサイトやプラットフォームは、顧客データの抽出からライブチャットの有効化、サイトの変更に対するユーザ体験の分析まで、通常、機能性と特長を増強するために多数のサードパーティのアプリやツールの実装に依存しています。
サードパーティはこれらの対話型の目的のためにしばしば有益である一方、ユーザ体験の中断の原因ともなり得ます。

マイクロサービスとサーバレス・アーキテクチャの利点と妥協点を探る

マイクロサービスとサーバレス

2023年8月18日

サーバレス・コンピューティングは、実際どの程度需要があるのでしょうか?
2014年にAmazonが普及させたサーバレス・コンピューティングは、2018年の時点ですでに最も成長率の高いパブリッククラウドサービスの座を獲得していました。
市場総額は2022年に90億米ドルを突破し、2032年には900億米ドルに達すると予測されており、この比較的新しい分野はかなり順調に成長していると言えるでしょう。

Webサイトのコンバージョンを向上させるには

Webでのコンバージョン

2023年8月9日

この隔週マイクロ・ウェビナー・シリーズでは、CatchpointとITOps Timesが協力して、インターネット・レジリエンスを確保するために不可欠な6つの重要トピックについて解説します。
最終回となる第6回は、Webサイトにおけるコンバージョンの向上という重要な側面に焦点を当てます。
あなたのWebサイトのパフォーマンスを最適化し、コンバージョン率を高めるための実用的な知見をご紹介します。

企業はどのようにして従業員のデジタル体験を向上させることができるのか

従業員体験

2023年8月3日

この隔週マイクロ・ウェビナー・シリーズでは、CatchpointとITOps Timesが提携し、貴社のインターネット・レジリエンスを確保するために不可欠な6つの重要トピックを取り上げます。
第5回では、企業が従業員のデジタル体験を向上させる方法について説明します。

企業はどのようにしてネットワークとAPIのパフォーマンスを向上させることができるのか

APIの計測・監視

2023年7月28日

この隔週マイクロ・ウェビナー・シリーズでは、CatchpointとITOps Timesが提携し、貴社のインターネット・レジリエンスを確保するために不可欠な6つの重要トピックを取り上げます。
この第4回目では、インターネットパフォーマンス監視の実装によってネットワークとAPIのパフォーマンスを向上させるテクニックについて説明します。

インターネット・レジリエンスは、eコマース事業者の収益拡大にどのように貢献できるのか

Eコマースで買い物する女性

2023年7月14日

CatchpointとITOps Timesは提携し、ビジネスのインターネット・レジリエンスを確保するために理解しておくべき6つの重要なトピックを、1回10分以内のマイクロウェビナー・シリーズとして隔週でお届けします。
第3回目となる今回は、なぜインターネット・レジリエンスが小売企業やeコマース企業にとって重要なのかについてお話しします。

インターネットパフォーマンス監視を無視することの真の代償

データセンター

2023年7月7日

ビジネスにおけるインターネットの障害の経済的な影響はよく認識されています。
ただし、各企業の個別の性質、環境、業界、リスク許容度などの要素から、正確なコストを評価することは困難です。
このコストを理解する上で重要な突破口となったのが、Catchpointに代わってForrester Consulting社が最近実施した委託調査です。

インターネットパフォーマンス監視(IPM)の紹介:どのように役立つのか?

インターネットパフォーマンス

2023年6月29日

CatchpointとITOps Timesは、この隔週のマイクロウェビナー・シリーズで、あなたのビジネスにインターネット・レジリエンスを確保するために理解しておくべき6つの重要なトピックを、それぞれ10分以内で解説しています。
この第2回では、インターネットパフォーマンス監視(IPM)の世界をさらに深く掘り下げます。

より環境に優しいデジタルの未来を築く:Catchpointが「Carbon Control」を提供開始

CO2削減

2023年6月23日

より環境に良い地球環境を目指す私たちは、ペットボトルやコーヒーカップ、レジ袋などの使い捨て製品が、温室効果ガス排出に与える悪影響について、次第に認識するようになってきました。
しかし、ほとんど気づかれていない大きなCO2排出の元凶が存在します-インターネットのカーボンフットプリントです。

ハイブリッドな職場はこれからも続く―新調査で明らかになったハイブリッドワークの動向とレジリエンスを実現するための方法

リモートワーク

2023年6月16日

長年に渡り、多くの企業は従業員体験の監視戦略の構築を敬遠し、代わりに消費者への対応に焦点を当てていました。
Catchpointがスポンサーを務めるIDC社のスポットライトレポートは、そのような時代はまもなく終わろうとしていることを示唆しています。
このブログでは、ハイブリッドワークのトレンドに関するIDCスポットライトレポートから、重要なポイントを探っていきます。

Traseroute InSession:より信頼性の高いネットワーク診断ツールを目指したCatchpointの努力

traceroute traffic

2023年6月2日

1988年に誕生して以来、Tracerouteはいくつかのバリエーションを経てきました。
「なぜそんなにたくさんあるのか」と疑問に思われるかもしれません。
答えは簡単で、Tracerouteの機能を実現するには、セキュリティとユーティリティのバランスが必要だったからです。

BGPの先にあるもの 障害を防ぐために

BGP Network

2023年5月26日

紙ナプキンの裏に書かれた最初の構想以来、BGPはインターネットに不可欠な要素となっています。
しかし、その普遍性とシンプルさは、あらゆる組織のインターネット・スタックにおける潜在的な弱点でもあります。
オープンでほぼ普遍的なプロトコルであるため、潜在的に悪意のある攻撃のベクトルとなるのです。
また、単純な設定ミスによって同じくらいの問題を引き起こすこともあります(実際、この2つの違いを見分けることはそれ自体が難しいことです)。

なぜインターネット・レジリエンスにこだわる必要があるのか?

Internet Resilient

2023年5月19日

ITプロフェッショナルは、自社の顧客と従業員のためにインターネット・レジリエンスを確保する必要があります。
しかし、その意味するところは何なのでしょうか。
また、多くのことがコントロールできない中で、デジタルデリバリーチェーンのすべてを監視するにはどうしたらよいのでしょうか。
その答えは、「インターネットパフォーマンス監視(IPM)」です。

Jan Zorz氏によるIPv6の神話解明、その普及が遅れている理由

IPv6 Network

2023年5月12日

IPv6は、インターネットの成長とその既存のIPv4アドレスプロトコルに対する潜在的な影響、特にアドレスの枯渇の懸念に対処するために、1990年代後半にIPv4の後継として開発されました。
一定期間デュアルスタックソリューションとして運用された後、IPv4は完全に廃止されることになると考えられていました。
しかし、25年近く経った現在、IPv4アドレスの枯渇が現実的な問題となっており、その一因としてIPv6の導入が遅れていることが挙げられます。

SREcon23アメリカが終了しましたが、学びは終わりません!

SRE

2023年4月28日

「言われたことは、忘れる。教わったことは、覚える。参加したことは、学ぶ。」といったような格言には、様々な形や相反する考え方があります。
それが政治家に起因するものなのか、哲学者なのか、あるいは他の人なのか、私には分かりませんが(その場にいなかったので)、最後の「参加したことは、学ぶ」という部分には注目したいところです。
SREcon23 アメリカの感想を述べますと、私は心から「参加した」「学んだ」と言えます。

ASP.NET Core Web APIによるJSON Patch操作の応用

JSON Patch

2023年4月19日

APIは、その柔軟性と統合のしやすさから、現代のデジタルビジネスには欠かせないものとなっています。
Catchpointでは、最新の技術やトレンドを追いかけ、さまざまなAPIを公開して開発者が幅広い操作を行えるようにすることを常に目指しています。
近々、REST APIの最新バージョンをローンチする予定で、既存のバージョンと同等の機能を実現するだけでなく、APIを扱う開発者に向けた新機能や技術的な強化を追加します。

インターネット障害の高い代償:新たな調査がeコマース企業への財政的影響を明らかにする

Forrester Study

2023年4月13日

インターネットの障害はどのような組織にとっても頭痛の種ですが、特にeコマース企業にとっては、単なる不便以上のものになっています。
Forrester Consulting社による新たな調査では、インターネット障害の実際のコストを定量化することで、業界に衝撃波を送り込むことが予想されます。
ネタバレ注意:思っているよりも高額です。

ダイヤルアップからクラウドへ:インターネットの時代にAPMが十分でない理由

インターネットの時代

2023年4月7日

もしインターネットがなかったら、あなたは今頃何をしていたでしょうか?
私たちが知っているワールド・ワイド・ウェブ(www)は、まだ数十年前のものですが、それがない生活は考えにくいです。
56kモデムを使い、AOLのアカウントにアクセスし、メールの有無を確認するためにあの懐かしい接続音を待ちわびていた、「パーソナル」インターネットの黎明期を懐かしく思い出すことができます。
私たちは、そのささやかな始まりから長い道のりを歩んできたのです。

Catchpoint「フィールド・キックオフ 2023」のキーポイント:頂点への旅路!

オースチン

2023年3月31日

先月、世界中のCatchpoint利用者がテキサス州オースティンに集まり、2019年以来のフィールド・キックオフを開催しました。
営業、マーケティング、L&D、カスタマー、バリュー/ソリューションエンジニアリングの各チームと、プロダクト、人事の代表者が集まり、昨年の成功を祝うとともに、2023年に向けて、CEOのMehdi Daoudi氏が「レジリエンスの年」と名付けた年に向けての取り組みを行いました。

SREレポート2023年:予想と現在の経済状況

レポートの分析

2023年3月17日

テック業界や経済全体に疑問や課題が立ちはだかる今こそ、過去から学び、一歩を踏み出す絶好の機会です。
信頼性エンジニアとして、私たちは定期的にサービスレベル目標(SLO)を使って、システムの性能、信頼性、傾向を把握し、意思決定に役立てたり優先順位を決めたりしています。
よりマクロなレベルで、Catchpointが毎年発行している「SREレポート」は、現場の状況を知ることで、チームや経営陣の意思決定をより的確なものにするために役立っています。

2023年の障害を防ぐために

Preventing Outages in 2023

2023年3月10日

ここCatchpointでは、過去18ヶ月間にわたる障害に焦点を当てたホワイトペーパー「2023年の障害を防ぐために―最近の失敗事例から学んだこと」を発表したばかりです。
CatchpointのIPM(Internet Performance Monitoring)プラットフォームが特定した10件の大規模・断続的な障害について深く掘り下げ、データから見えてくるものを検証しています。

SREレポート2023年:現場からの知見―Toil(労苦)

SRE Report 2023

2023年3月9日

Toil(労苦)。
SREにとって、この4文字の宿敵「Toil」ほど直感的なインパクトを与える言葉は他にないでしょう。
Toilが悪いことであることは、かなりの人が認識し、同意していますが、口語ではよく誤用される言葉です。
SREの専門用語として、「Toil」は、人が時間を費やす他の種類の仕事と区別される、いくつかの非常に特殊な特徴を持っています。

Catchpointが選ぶ2022年の人気記事TOP22

トップストーリー

2023年3月3日

Catchpointでは、2月に突入する前に、この1年を振り返り、過去12ヶ月間にインターネットパフォーマンス監視(IPM)の分野で起こったすべてのことを振り返っています。
この記事では、エンジニアリングチームが右にシフトすべき理由、2023年のインターネット・レジリエンスの必要性、そして最も成功しているデジタル企業に見られるようなパフォーマンス文化の構築方法について、弊社のブログや業界紙から記事をご紹介しています。

Microsoftのクラウド障害により、全世界の労働力に影響が及ぶ

Microsoft

2023年3月2日

2023年1月25日、クラウドサービスプロバイダのMicrosoftが長時間の障害に見舞われ、私たちの多くが(全世界で10億人以上のユーザが)重要な業務活動をMicrosoftに依存していることが明らかになりました。
Microsoftのような重要なワークフォースサービスが停止すると、世界中のチームが大きな混乱に陥るため、インターネット・レジリエンスはビジネスの優先事項となっています。
ITチームが問題をいち早く発見し、その原因を切り分け、トラブルシューティングを行うことで、通常業務を再開し、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができます。

その1分間はおいくらですか?

時は金なり

2023年2月21日

ネットワークの障害は、一般によくあることですが、そのコストは高くつきます。
通常、人々が思っているよりはるかに高額です。
そう、確かにネットワークはダウンし、企業は損失を被っていますが、その損失がどれほどのものか、あなたは本当に理解していますか?
また、障害発生時の1分あたりのコストは、実際にどのくらいになるのでしょうか?
それは多くの人が考えている以上に、かなり簡単に軽減できるものなのです。

SREレポート2023 ― 我々は同じ考えを共有しているか? はい/いいえ/たぶん

チームの連携

2023年1月25日

今年のSREレポートでは、特定の機会や課題に関する質問に対して、役割やランク(例:個人事業主と経営幹部)による回答を詳しく調べたところ、興味深いパターンが浮かび上がってきました。
平均値の背景には、いくつかの重要な分野において、実務担当者と経営陣の間にズレが生じているというテーマがありました。

CatchpointのIPMプラットフォームがAmazonの2日間の検索障害を検出した方法

スマートフォンで検索

2023年1月12日

全てのインターネット障害がWebサイトをダウンさせるわけではありません。
中には、一部のユーザにしか影響を与えないものや、サイト機能の一部にしか影響を与えないものもあります。
さらに、これらは相対的に「隠された」性質を持っているため、苦情を出すユーザも少なく、企業は必ずしもすぐそれに気づかないかもしれません。
しかし、このような障害は深刻な結果を招く恐れがあるため、できるだけ早く発見し、問題の軽減と解決に努めたいものです。

インターネットパフォーマンス監視(IPM)とは何か、APMとの違いは何か?

インターネットパフォーマンス監視

2022年12月28日

今日、インターネットを中心とする組織のほとんどは、何らかの形でAPM(Application Performance Management)ツールを使用しています。
しかし、それだけでは十分ではありません。
この10年で、世の中はすっかり変わってしまいました。

クリスマスに欲しいのは、回復力のあるインターネット!

クリスマスとインターネット

2022年12月22日

拝啓 サンタさん
私は今年、とっても優秀なITオペレーションズ・マネージャーでした。
(今の世相を考えると、これは大袈裟かもしれませんけど)
それで、私の欲しいものリストが何点かあるんです。

さらばLAN ― インターネットこそがネットワーク

インターネット

2022年12月21日

私たちは今、重要な技術革新の頂点にいます。
ピーター・ドラッカーが言うところの、技術の「非連続性」です。
今日、多くの企業が「古いレガシーネットワーク」を停止し、LANもWANもオンプレミスのデータセンターも持たずにビジネスを展開しています。
今や、全てがインターネット上にあります。

CatchpointによるBGP監視 ― BGPの問題を「早急に」発見し修正する

地球上のBGP

2022年12月16日

BGPは、事実上、インターネットの郵便サービスです。
BGPがなければ、トラフィックは動きません。
そのため、設定に問題があったり、最悪の場合、悪意ある行為があった場合、その影響は甚大なものになる可能性があります。

「SREレポート2023」で私が最も驚いた発見

SRE Report 2023

2022年12月1日

私、Leo Vasiliouは、過去3年間SREレポートの執筆を担当する栄誉に預かりました。
2023年版では、Anna Jones氏、Kurt Andersen氏、Steve McGhee氏といった素晴らしい人たちとの共同作業も含まれています。
レポートを発表する際には、いつも 「最も驚いたことは何ですか?」と聞かれます。
そして、例年なら考え込んでしまうのですが、2023年のレポートから最も驚いたことは、即座に判明しました。

SREに権限を与える ― 「SREレポート2023」の結論

SRE Report 2023

2022年11月25日

正直言って、調査が好きな人はいないでしょう。
しかし、調査というのは、人間とコンピュータ、社会工学的な複雑なシステムに対する洞察を求める私たちの大きなニーズを満たすものです。
コンピュータの部分はよく測定できているのですが、人間の部分はなかなかうまくいかないんですよね。
GoogleのSREが、削減したい指標として「労力」を最初に定義したとき、私たちはツールやコンピュータシステムからの知見に基づき、それを数値化することにあまりにも長い時間を費やしてしまいました。

デジタル免疫とインターネット回復力 ― オーランドでの素晴らしいカンファレンス

インターネットの回復力

2022年11月18日

世の中は正常に戻りつつあります。
3年ぶりにほぼ出張なしで参加したカンファレンスでしたが、Gartner社は期待を裏切らない内容でした。 「Gartner IT Symposium//Xpo™」には、世界中から何千人もの参加者がフロリダ州オーランドに集まり、再び一堂に会することに、誰もが私と同じように興奮(そして、少し緊張)していたことでしょう。

大手自動車保険会社、エンドユーザ体験の監視で代理店従業員の生産性を促進

全米で働く

2022年11月7日

2020年3月には、多くの組織がすぐにリモートワーク主体の働き方に軸足を移しました。
あらゆる業界の多くのITチームにとって、これは従業員が効率的に在宅勤務を行うための技術を確保するための大規模な緊急対策を意味しました。
幸いなことに、特に保険業界では、すでにリモートワーカーを擁している企業が多く、この移行をうまく乗り切ることができました。
しかし、特にエンドユーザ体験の監視においていくつかのギャップが露呈し、さらなるIT投資の必要性が強まっています。

ビジネスに必要なのは、回復力のあるインターネット

都市を覆うネットワーク

2022年11月2日

私が5ヶ月前にCatchpointに入社して最初に驚いたことのひとつは、オブザーバビリティ市場の混乱ぶりでした。
どのベンダーも、顧客や従業員、あるいはその両方に対して優れたデジタル体験を保証することに関して、ほぼ同じメッセージを発しています。
もちろん、このような体験は正しく行われることが重要ですが、ほとんどの場合、これらのソリューションの多くは、せいぜいサイトがライブで利用可能であること、そして一部のユーザからアクセス可能であることを確認するのに役立つ程度に過ぎません。

DNS解決に失敗した事例から得た3つの教訓

DNS

2022年10月14日

サイト信頼性エンジニアやネットワークエンジニア、あるいは単にデジタルサービスの監視に携わっている人なら、DNSが正しく動作していなければ、ユーザが障害を体験するということはもうご存知のことでしょう。
しかし、DNSはWebの回復力と可用性を確保する上で重要であるにも関わらず、正しく監視されていないことが多く、その結果、障害が発見されず、ビジネスに何らかの連鎖反応が生じる可能性があります。

WebPageTest by Catchpoint 初の無料Webパフォーマンスコースのご紹介

オンライントレーニング

2022年10月6日

2022年9月、WebPageTestでは、新しい完全無料のオンラインコース、WPTシニアエクスペリエンスエンジニアのScott Jehl氏による「Lightning-Fast Web Performance」で、パフォーマンス教育スペースへの第一歩を踏み出すことができ、とても嬉しく思っています。
このコースは、Webパフォーマンスについてもっと知りたいと思っているDevOpsエンジニアの方にも、Webサイトの最適化やレイテンシの低減を担当するフロントエンドやQAチームの方にもおすすめです。

Catchpointの新機能「Node to Node」で企業の死角をなくす

データセンターでのトラブルシューティング

2022年10月3日

Catchpointでは、年に7回程度、新機能をリリースしています。
Catchpointの前リリースであるAndanteには、より直感的でユーザがより早くソリューションを見つけられるように再設計された強力な新しいスマートボード、独自のRUMソリューションを強化する追加メトリクス、デジタル体験スコアが特定する問題に基づいてワークフォースエクスペリエンスのアラートを生成する機能など、様々な更新と新機能が含まれています。

Catchpointで「データの力」を活用する

データ分析

2022年9月30日

ただやみくもに道路を横断するのは非常に危険です。
それは、活用できるデータポイントの数と、そのデータが完全なものかどうか、つまり信頼できるソースからリアルタイムで取得された要約されていないRAWデータであるかどうかにかかっており、あなたはその情報をもとに、「いつ」道路を渡れば安全なのかを判断することができます。

Rogersの障害は、あなたが考えているよりも高くつきそうです

ネットワークのトラブルシューティング

2022年9月16日

2022年7月8日、カナダの通信会社Rogers Communicationsが、約2日間にわたりカナダの大半の地域に影響を及ぼす大規模な障害に見舞われました。
2021年に無線サーバに数時間影響を与える障害が発生したことがあり、まったく前例がなかったわけではありませんが、今回の障害の広さと深刻さは、一見したところでは、それよりはるかに大きな損害を与えることになりそうです。

Catchpoint テクノロジーグループ ― チームワークの大切さ

チームワーク

2022年9月12日

最近、Catchpointのサマーインターンの高校生に、ソフトウェアエンジニアリングとは何かということを話していました。
彼らは一週間ずつCatchpointの各部署で過ごしており、先週はCatchpointテクノロジーグループと一緒でした。
高校生のインターン生とは、学校でどんな勉強をしているか、趣味は何かという話をしました。
そして私たちは、ソフトウェアを作るには何が必要なのか、チームによってどのような役割があるのか、という話を始めました。

ハッピー・システム管理者デー!

Happy Sysadmin Day

2022年9月1日

システム管理者の日、おめでとうございます!
7月29日は、システム管理者(およびネットワーク管理者、ネットワークエンジニア、ITヘルプデスクなど、ネットワークの稼働を支えている全ての人)の努力に感謝し、敬意を表する日です。
あなたはこの一年間、問題の解決、ユーザの受け入れ、新しいシステムの統合、そして全世界の接続を維持することに従事してきました。
毎年7月最後の金曜日に、あなたの努力が高く評価されていることを実感してください。

Core Web Vitalの測定にCatchpointを使用する5つの理由

データ分析

2022年8月26日

私たちは、共に歩んでいます。
お客様の期待に応えるための継続的な努力の一環として、最近Core Web Vitalをパフォーマンス測定プログラムに追加しました。
このたび、これらのメトリクスがCatchpointプラットフォームのネイティブパートになったことをお知らせします。
DevOpsのSRE、プラットフォームオペレーションエンジニア、そしてビジネスと監視の戦略家は、この追加によって一連の重要な利点を実現することができます。

DEJ市場調査でCatchpointがリーディングベンダーに選出される

リーダーのトロフィー

2022年8月18日

デジタルトランスフォーメーション(DX)は、長年にわたり、将来を見据えたビジネスや組織戦略の基礎となっていますが、今日ほどその重要性が高まっている時代はありません。
デジタル時代において、テクノロジーへの革新的なアプローチをビジネスの中心に据えることは、信頼性、影響力、成長、効率性にとって不可欠です。
しかし、将来の市場や顧客、従業員のニーズに対応するためには、継続的な努力と再評価が必要です。

DEJの2022年ITパフォーマンスマネジメント調査 ― 主要ポイント

分析レポート

2022年8月10日

Digital Enterprise Journal (DEJ) の2022年ITパフォーマンスマネジメント調査は、今日のITチームに影響を与える24の分野に焦点を当てています。
例えば、人材獲得競争、複雑性の管理、データ管理、大規模な分析など、ITチームが眠れなくなるような苦痛がここにあるのです。
しかし、深く掘り下げていくと、あるパターンが浮かび上がってきます。
それは、全てビジネス・アウトカムに帰結するということです。

ECサイトの高トラフィックのためのサバイバルガイド

大量のオンライン注文

2022年8月3日

Amazonのプライムデー2022では、世界中の何十億人もの人たちと一緒に、何かお買い得なものを手に入れられましたか?
7月12日、13日の2日間、Amazonのオンラインショッピングイベントが開催されるのは周知の通りです。
今年の数字についてはまだ確たる統計はありませんが、Influencer Marketing Hubによると、この世界最大のオンライン小売業者は、2021年のプライムデーにおいて、2020年から7.6%増の約112億ドルという記録的な売上を上げたとのことです。 2億5,000万個以上の製品を販売し、供給不足の心配はありませんでしたが、ネットワークの帯域は別です。

右シフトするには、オブザーバビリティが必要

データストリーム

2022年8月1日

先日、サファイヤ・ベンチャーズ社のHypergrowth Engineering Summitに参加しました。
その中で、CircleCI社CTOロブ・ズーバー氏と、LaunchDarkly社エンジニアリング・プロダクト担当SVPジョナサン・ノレン氏によるによるパネルディスカッションが行われました。
このセッションでは、誰もが左にシフトしているこの世界において、チームはむしろ右にシフトすることを考えるべきだという、示唆に富んだ話がなされました。

エンジニアチームの拡張 ― CatchpointエンジニアリングVPの視点から

エンジニアリングチーム

2022年7月12日

Catchpointでは、私の役割は大きく分けて2つあります。
1つはエンジニアチームの設計と管理、もう1つはエンジニアチームと協力して、当社のプラットフォームを動かす様々な分散システムを設計し、その管理をすることです。
先日、サファイヤ・ベンチャーズ社のHypergrowth Engineering Summitに参加しました。
ここでは、高機能なエンジニアリングの構築と拡張に焦点を当てたセッションが行われました。

Monitorama 2022 - Mehdi Daoudi氏とのQ&A

オレゴン州ポートランド

2022年7月7日

今年のMonitoramaが間近に迫ってきました。
監視やオブザーバビリティ、SLIやSLOのこと、そして何よりも、ベンダーやプロバイダではなく実務担当者が行っていることについて、業界の専門家やコミュニティリーダーによる講演が行われるのが特徴です。
その準備のために、CatchpointのCEOであり、No.1のMonitoramaファンであるメディ・ダウディ氏に、このイベントに関するいくつかの質問と、過去数年間の監視とオブザーバビリティの変化に関する、彼の認識について答えてもらいました。

SLOconf 2022を振り返って:SLOはみんなのためにある

SLO

2022年6月27日

2022年5月に開催された素晴らしいSLOconfには参加されましたか?
4つのトラックで60以上の講演が行われ、SLO(サービスレベル目標)の定義からエラー予算の財務的な枠組みまで、あらゆることが網羅されています。
私たちと同じように、あなたもいくつかのことを見逃しているかもしれません。

Catchpointインサイト ― より洞察に満ちたパフォーマンスデータ分析のための多次元データの取得

多次元的データ

2022年6月16日

Catchpointのインサイト機能は、お客様が豊富な分析を行うために、洞察に満ちたパフォーマンスデータを収集する機会を提供します。
今回の記事では、いくつかの例を挙げながら、なぜそれが重要なのかについて説明します。

WebPageTestの機能「機会と実験」の紹介 ― パフォーマンスを推測で判断しない

実験

2022年6月14日

ご存知の方も多いと思いますが、CatchpointとWebPageTestは、IT組織全体でより強い連携を築くことを目的として、18ヶ月前に提携を結びました。
今回、我々がWebPageTestの全ユーザのために一連の新しい強力な機能と特徴を発表することにより、お客様とそのチームがより早く、より簡単に、Webサイトのパフォーマンスや改善の余地について、そして何よりも、これらの機会がいかに意義深いことであるかご理解いただけることを嬉しく思います。

Catchpoint、再び巡業へ

ビジネスセミナー

2022年5月31日

2年間バーチャルミーティングを続けてきたCatchpointのEMEAチームは、ついに再び巡業の旅に出ました。
2022年4月下旬からの4週間でICE(ロンドン)、Datacloud Global Congress(モナコ)、DTX(マンチェスター)、DevOpsDays(バーミンガム)と立て続けにイベントに参加しています。

ハイブリッドな職場にはSaaSオブザーバビリティへの新しいアプローチが求められる

SaaS

2022年5月25日

Catchpointでは2020年に初めて分散型勤務を取り入れましたが、現在ではほとんどの企業が持続的にハイブリッドな働き方を導入しています。
Gallup社の最近の調査によると、この状況がすぐに変わることはないようです。
一方、ここ数年、同時にSaaSの利用が爆発的に増えています。
実際、2020年は初めてクラウド市場が非クラウド市場を上回った年であり、その主たる要因はSaaSであったとされています。

Vlog ― 可用性監視と到達性オブザーバビリティの比較

デジタルサプライチェーンマネジメント

2022年5月24日

今日のハイパーコネクテッドワールドの複雑さは、監視(監視)に対する考え方のパラダイムシフトを促しています。
2021年に相次いだインターネットの障害や混乱は、インターネットの生態系がいかに繋がりやすく、比較的脆いものであるかを示しています。
このような要求に応えるには、積極的なエンドユーザ体験オブザーバビリティが必要です。
結局のところ、ユーザが今いる場所から貴社のサービスに到達できなければ、何も意味がないのです。

ウェビナーのまとめ ― デジタル体験オブザーバビリティとは?

車の修理で悩む女性

2022年5月13日

SRE、DevOps、および監視戦略家は、今日、サービスの生産と配信に関わる可動部品の数と全体的な複雑さの両方において、驚異的な増加に対処しています。
その結果、従来の監視の限界が明らかになりつつあります。
そこで、デジタル体験オブザーバビリティの登場です。

進化したITOps監視

ITOpsの担当者

2022年4月22日

リモートワークへの移行は、ほとんどの企業や事業者にとって未曾有の挑戦でした。
プロセスやワークフローを保守するため、IT運用部門を迅速に立ち上げなければなりませんでした。
監視ツールは、ITOpsがインシデントを分析し、迅速に解決するために必要なあらゆることを可能にする上で、重要な役割を担っています。

エンドポイント監視によるネットワークとVPNのパフォーマンス問題の解決

オンラインミーティング

2022年4月20日

ITプロフェッショナルは今、リモート環境に適応し、分散した在宅勤務者を管理することを学んでいます。
最近IT担当者と話をすると、多くの人が、接続性/VPNやホームネットワークの問題が最大の課題であるものの、これらの問題を診断しトラブルシューティングするための可視性が不足していることを挙げています。

Microsoft Teams VoIP監視のエッセンス

Microsoft Teams

2022年4月15日

Microsoft Office 365は、他のツールよりも優位性があります。
Office 365のエコシステムにより、ユーザはリモートワークをしながら簡単に他の人と共同して働くことができます。
ユーザは幅広いソリューションから選択することができ、Office 365は、これらのツール間の容易な統合という、さらなる利点を提供します。

Future Forward Podcast ― 完璧なデジタル顧客体験の提供

ポッドキャスト

2022年4月14日

コロナ禍がオンラインでの仕事、買い物、遊びの方法に激震を与えている今、デジタル顧客体験はかつてないほど重要なものとなっています。
CatchpointのCEO兼共同創業者であるメディ・ダウディ氏が、CIO Executive Councilのティム・スキャネル氏と、デジタル化が進む世界で完璧な顧客体験を提供するという課題について、広範囲に及ぶインタビューで語っています。

どこにいても仕事ができる ― 必要な帯域幅は?

スループットメーター

2022年4月8日

「どこでも働ける」時代になって久しいですが、従業員体験のマネジメントは、まだまだ企業が頭を悩ませているところです。
ほとんどの社員がリモートワークを続け、新しい場所へ引っ越すことも増えています。
従業員の所在地や使用するISPなどによって、ユーザ体験は大きく異なるため、上記の質問には答えにくいものなのです。

「Symphony」のご紹介 ― Catchpointの新しいユーザ体験プラットフォーム

シンフォニー

2022年4月5日

私たちCatchpointは「体験こそがポイント」と考え、常にお客様の製品に対するユーザ体験を向上させるためのサポートに努めています。
このようなモットーのもと、私たちは自社プラットフォームの使いやすさと有効性を真剣に考え、「Catchpointポータル」で世界最高水準のユーザ体験を提供できるよう、常に努力を続けているのです。
そんな思いから、ここ数年の大半を費やして、Catchpointポータルを一から設計し直したのです。
本日(2022年3月30日)、Allegroのリリースに伴い、新しいUXプラットフォームであるSymphonyの一般提供を開始したことをお知らせします。

Salesforceアプリケーションのパフォーマンス監視

Salesforce

2022年3月31日

Salesforceは、多くの企業にとって重要なコンポーネントです。
ダウンタイムが発生すると、顧客獲得、リードジェネレーション、顧客サービスおよび顧客維持に影響を与える可能性があります。
そのため、クラウドアプリケーションを監視し、問題があればすぐに検知して対処できるようにすることが重要です。

CatchpointによるDNSパフォーマンスの正しい監視法

DNS

2022年3月29日

DNSパフォーマンスを監視することで、DNS解決プロセスのために必要とされる洞察が得られ、遅延、マッピングの異常、およびアプリケーション配信チェーンにおける他のエンドユーザに影響を与える問題を特定することが可能になります。
また、DNSの監視は、DDoS攻撃や中間者攻撃などのサイバー攻撃時の第一線の防衛手段として機能することもできるのです。

CDNオブザーバビリティ―拡張インフラを監視しなければならない理由

CDN

2022年3月23日

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)は、20年以上前からアプリケーションインフラに不可欠な存在となっています。
CDNはエンドユーザにとって重要な存在ですが、もはや単なるキャッシングサーバとは考えられていません。
フロントエンドの最適化と共に、DDoS攻撃などのサイバー脅威からのセキュリティを提供するために進化しています。

今こそデジタルワールドに対応したオブザーバビリティの実現を

デジタルワールド

2022年3月16日

本日Catchpointは、デジタル体験のオブザーバビリティプラットフォームを発表し、新しい章の幕開けをいたしました。
今回のブログでは、この度の発表の背景となった様々な要因、また、当社のプラットフォームの継続的な進化が、いかに市場の大きなニーズを支えているかをご紹介します。

Catchpointのプロフィール ― エヴァ・ボーズ=チャタートンに聞く「これまでとこれから」

オフィス

2022年3月11日

エヴァ・ボーズ=チャタートン氏は、Catchpointのグローバル人事と人材採用を担当し、2009年には僅かな人数だった同社を、全世界で300人以上の従業員を抱えるまでに成長させました。
人事と人材管理の分野で20年以上の経験を持つエヴァは、Getty Images、Guardian Life Insurance、DoubleClickでチームを率いてきました。

2022年2月22日のSlack障害 ― 「おはよう!16分間のストレスです!」

チャットのエラー

2022年3月4日

地震や津波の検知、軍事防衛、ビジネスや金融の危機など、早期警報システムの重要性が理解されるようになって久しいです。
ではなぜサービスプロバイダ、特にSaaS(Software as a Service)を提供するプロバイダは、そうではないのでしょうか?
時は金なりという言葉のように、1分が数百万ドルにさえなることのある世界では、企業や消費者のエンドユーザに対するサービスの供給チェーンと配信チェーンを大変注意深く見守ることが重要です。

AWSの「12月の障害祭り」から何を学ぶか?

火山の噴火

2022年2月21日

2021年に発生した相次ぐインターネットの停止や混乱は、インターネットのエコシステム同士がいかに繋がっていて、相対的に脆弱であるかを示しています。
例を挙げるなら、12月に発生したAmazon Web Services(AWS)の3連続の障害です。
この障害は「サービスが失敗するのに大きいも小さいもない」という事実を如実に物語っています。

Catchpointニュース - 2022年1月: WebPageTestが輝きを放つ

2022年1月

2022年2月15日

CatchpointのWebPageTestは、1月にUIの大幅な変更を発表したことで注目を集め、同製品のチームメンバーがイベントに参加したり、開発者の動向についてコメントしたりしました。
またCatchpointは2022年のThe Cloud 100にて「最もクールなクラウド監視及びマネジメント企業20社」のうちの1社にも選ばれました。
なんて名誉なことでしょう!

包括的なBGPアラート戦略の構築

地球上を張り巡るBGP接続

2022年2月8日

BGPルートの健全性を確保することは、強固なネットワーク監視戦略の最も重要な部分の1つです。
IPアドレスプリフィックスのいずれかがエンドユーザに到達できない場合、問題の本質をピンポイントで把握するためには、直接的で実用的なデータを使って、できるだけ早く知る必要があります。
このような鋭いリアルタイムのBGPアラート機能がなければ、エンドユーザ体験の問題のトラブルシューティングは非常に難しくなり、平均検出時間(MTTD)や平均解決時間(MTTR)の増加に繋がります。

2021年のサイバー5から得られた大きな収穫

オンラインショッピング

2022年2月4日

今年のホリデーシーズンにオンラインで買い物をしたのはあなただけではありません。
感謝祭とサイバーマンデーの間の5日間である「サイバー5」は、2021年の11月と12月のEコマース全体の売上の5分の1を占めました。
(全体の支出額は昨年からやや減少しているにも関わらず)
アメリカ人は、ブラックフライデーに89億ドル、サイバーマンデーに107億ドルの買い物をしました。
このように、サイバー5は企業にとって、Webサイトをスムーズに稼働させ、トラフィックの増加に対応するための重要な時期となります。
サイバー5の期間中、上位のECサイトが全体的にどのようなパフォーマンスを見せたのかを知りたい方は、ぜひご一読ください。

エンドユーザ体験監視とは?どのように役立つのか?

在宅勤務でのエンドユーザ体験

2022年1月28日

エンドユーザ体験の監視とは、考え方や哲学のことです。
ITは結果ではなく、目的を達成するための手段であることを認識することです。

群衆の叡智:ユーザセンチメント・オブザーバビリティの価値

顧客体験に不満があるユーザ

2022年1月27日

ビジネスに不満があるとき、多くの人が最初にすることは何でしょうか?
ソーシャルメディアで文句を言うことです。
これらのコメントを観測する=ユーザセンチメント・オブザーバビリティを行うことにより、UXに大きな影響を与える問題が発生した場合に、それを事前に察知することができます。

Catchpointニュース - 2021年12月:私たちが予測するもの

2021年から2022年へ

2022年1月25日

12月は、AWSが3週間で3回の障害を起こすという前代未聞の事態に揺れました。
Catchpointでは、この3つの障害の詳細と商業的な影響を掘り下げたインシデント・レビューを行いました。

ビデオ・オブザーバビリティ:世界を動かすビデオ会議 ― 運用し続けるためにはどうすればよいか

ビデオ会議システムの利用体験

2022年1月14日

仕事をするときには、自分の力を最大限に発揮することが大切です。
しかし、日々のワークライフにおいてビデオ会議に頼る機会が増えてきた今、いかに自分をアピールできるかもまた成功の鍵を握っています。
残念ながら、広範囲に分散した従業員に完璧なビデオ体験を提供するとなると、IT部門にとっては頭痛の種になりかねません。

インシデント・レビュー - 12月に入って3回目 AWSの障害-泣きっ面に蜂

ドミノ効果

2022年1月5日

以下は、2021年12月22日に発生したAmazon Web Services(AWS)の障害を分析したものです。

インシデント・レビュー ‐ 今週もAWSの障害が発生

羊たちと犬

2022年1月4日

以下は、2021年12月15日に発生したAmazon Web Servicesの障害を分析したものです。

WebPageTestとCatchpointの1年 ― Tim KadlecとJeena JamesによるQ&A

監視サービスを作るチーム

2021年12月22日

WebPageTestとCatchpointのパートナーシップが1年を迎え、WebPageTestのゼネラル・マネージャーであるJeena James氏と、エンジニアリング・ディレクターであるTim Kadlec氏がQ&Aを行い、昨年の重要なマイルストーンと今後の展望について語ってくれました。
お楽しみください!

オブザーバビリティ vs. 監視 ― 観測 対 監視

監視する目

2021年12月16日

「監視」という言葉を定義することは、パフォーマンス空間が年々大きく進化していることを考えると、難しい課題です。
最近、監視の世界にも変化があり、監視の定義や目的に関する健全な議論が行われ、その中で「オブザーバビリティ(可観測性)」という新しい言葉が生まれています。

Catchpointニュース - 2021年11月:Catchpointはエッジのオブザーバビリティを拡大、Googleは暗中へ

ニュース

2021年12月14日

絶え間なくインシデントレビューが続き、1本のみならず2本の分析記事がCatchpointの専門家によるものです。
今月はGoogleCloudが複数の製品で障害を起こし、SpotifyからPricelineまで多くのGoogle Cloudの顧客のWebサイトがクラッシュしたため、Googleが注目を浴びることとなりました。

インシデント・レビュー - AWSの障害でAmazonを含む主要なオンラインサービスがクラッシュ

システム障害による痛手

2021年12月9日

Amazon Web Servicesの障害により、Amazon、Amazon Prime、Amazon Alexa、Venmo、Disney+、Instacart、Roku、Kindle、複数のオンラインゲームサイトなどの主要なオンラインサービスが停止し、数百万人のユーザが影響を受けました。
この障害は、2021年12月8日にUS-EAST-1リージョン(米国東部(バージニア北部))で発生したもので、ブログ公開時点ではまだ継続中です。

SaaSのパフォーマンスを向上させるための3つの戦術とお金を節約するための1つの戦術

SaaS

2021年12月8日

デジタルの世界 ―― 私たちはその中で仕事をしたり、遊んだりしています。
もちろん、あなたがデジタル体験を担当するIT部門で働いている場合は別です。
その場合は、悪夢を見ることになります。

インシデント・レビュー - Google Cloudの障害がエンドユーザに広く影響を与える

クラウドネットワークの問題

2021年12月2日

インターネットの障害は、あなたが、エンドユーザであれ、SRE(サイト信頼性エンジニアリング)やDevOps部門の責任者であれ、平常心を保ちながらインシデント対策本にあることを実践しようとするときに、意表を突いてきます。

インシデント・レビュー - Comcast社の大規模な障害により、米国内の数百万人のユーザが自宅で仕事をすることができなくなる

在宅勤務での通信の問題

2021年11月15日

11月8日(月)及び9日(火)に発生したComcastの連日の停電は、米国全土のユーザに影響を与え、各地でユーザがオフラインになりました。
最初の障害は月曜日の夜にサンフランシスコ湾岸地域で発生しました。
2回目の障害は火曜日の朝に発生し、主に中西部、南東部、東海岸の広い範囲に影響を与えましたが、その影響範囲は広範囲に及びました。

インシデント・レビュー - 9月7日のスペクトル障害の背後にあるもの。BGPハイジャック博士か、それともBGPミス氏か?

シャーロック・ホームズ

2021年9月10日

2021年9月7日 16:36(UTC)に、オハイオ州、ウィスコンシン州、ケンタッキー州を含む米国中西部のSpectrum社のケーブルTVのユーザに障害が発生しました。
同社のブロードバンドおよびテレビサービスを利用しているユーザは、ソーシャルメディアを利用して、この障害に迷惑しているとの声を上げました。

インシデント・レビュー - AWSサービスを使用するアプリケーションでAWSの停止により応答時間が急増

インシデント調査

2021年9月7日

8月31日(火)、西海岸の広い地域(US-West-2リージョン)のユーザが、レスポンスタイムの大幅なスパイクによる影響を受けました。
AWSの最も重要なサービスのうち、LambdaやKinesisなどが影響を受けました。