データ分析

Core Web Vitalの測定にCatchpointを使用する5つの理由

2022年8月26日
翻訳: 島田 麻里子

この記事は米Catchpoint Systems社のブログ記事 Five Reasons to Use Catchpoint for Measuring Core Web Vitalsの翻訳です。
Spelldataは、Catchpointの日本代理店です。
この記事は、Catchpoint Systemsの許可を得て、翻訳しています。


私たちは、共に歩んでいます。
お客様の期待に応えるための継続的な努力の一環として、最近Core Web Vitalをパフォーマンス測定プログラムに追加しました。
このたび、これらのメトリクスがCatchpointプラットフォームのネイティブパートになったことをお知らせします。

DevOpsのSRE、プラットフォームオペレーションエンジニア、そしてビジネスと監視の戦略家は、この追加によって一連の重要な利点を実現することができます。

Core Web Vitalメトリクスと世界最大のデジタル体験監視プラットフォーム、そして当社のパフォーマンス分析機能を組み合わせることで、Catchpointユーザは以下のことが可能になります。

  1. 緩やかな相関関係から、確信に満ちた因果関係(ITとビジネスの間)へと移行する。
  2. 顧客セグメントやユーザジャーニーごとに、パフォーマンス知覚の閾値をより適切に一致させる。
  3. 当社のインテリジェンス・プラットフォームの力を活用し、顧客中心の現実的な成果の価値を実現する。

Core Web Vitalとは

GoogleのChromeチームは2020年「サイトオーナーがWeb上のユーザ体験を測定するのに役立つ」 Core Web Vitalsを発表しました。
速度、応答性、視覚的安定性に関連するメトリクスのサブセットを表し、以下のメトリクスを含んでいます。

  1. Cumulative Layout Shift(CLS)
  2. Largest Contentful Paint (LCP)
  3. First Input Delay (FID)

Cumulative Layout Shift(視覚的安定性)

CLSは、実際に顧客が閲覧するページの視覚的な不安定さを測定するものです。
ここでいう不安定とは、顧客が何かをクリックしようとしたときに、その何かが突然ビューポート内のまったく別の場所に移動してしまう「ムービングターゲット」のことを指します。
これは、希望の検索結果をクリックすることと、ローカルデバイスに5,000個のcookieを配置する広告をクリックすることとの違いを意味します。

以下の動画では、役に立つ視覚的な例を紹介しています。

Largest Contentful Paint(読み込み)

LCPは、お客様にとってページ移動が完了したように見えるかどうかを測定します。
文脈上、「完了」は通常、お客様が最初にページにアクセスした意味を持つ、文脈上の理由となります。
「スプラッシュスクリーン」や「ページが読み込まれています」というようなアイコンが表示されることがあるFirst Contentful Paintとは異なり、Largest Contentful Paintは、Webページの主要な関連コンテンツがどれだけ速く読み込まれ、ユーザーに表示されるかを測定します。

First Input Delay(インタラクティブ性)

一方、FID(First Input Delay)は、Webページ上の双方向体験の応答性を測定するものです。
これは「1つの商品をカートに入れる」場合と「複数の商品をカートに入れる」場合の違いで、カートに入れるボタンが反応しないためにお客様が再度クリックし、導線が中断されてしまうというものです。
具体的には、ユーザが最初にページを操作してから「その操作に応じたイベントハンドラの処理をブラウザが実際に開始できるようになるまでの時間」(出典:web.dev/fid/)を測定します

デジタル監視の階層的なニーズへの対応

これらの新しいcore web vitalメトリクスの価値を要約すると、Catchpointユーザがデジタル監視のニーズの階層的連鎖の上位に移動することになる、ということでしょう。
アップタイム、レスポンスタイム、レイテンシなど、監視可能なIT指標は山ほどあります。
また、ページのロード時間や ドキュメントの表示完了などのエクスペリエンス・ベース指標という考え方も、かなり以前から存在しています。

Core Web Vitalの指標で異なるのは、顧客体験に基づく指標の考え方を新しいレベルに引き上げていることです。
つまり、顧客がそれぞれのジャーニーを完了しようとする際に、実際に自分の目で見て体験したことに基づく能力レベルということです。

Core Web Vitalの測定にCatchpointを使用する理由

Googleはすでに、Core Web Vitalの指標を測定する方法を数多く顧客に提供しています。
では、なぜCatchpointのユーザは、これらの指標が私たちのプラットフォームで利用できるようになったことを気にする必要があるのでしょうか?

Googleが提供する開発ツールのほとんどがChrome専用であることや、データソースの一部が月に一度しか更新されないことなどは、ひとまず無視してください(一部の人にとっては、これは門前払いの要因でしょう)。
さらに重要なことは、これらのツールは、「良い」対「悪い」の閾値として集計値75パーセンタイルをハードウェアコーディングしているということです。

このような一律的な見方はあまりにも制約が多く、誤った行動や貴重な最適化リソースの浪費につながる可能性があります。

結局のところ、顧客は一様な存在ではありません。
別の言い方をすれば、顧客のパフォーマンスプロファイルは、ISP、デバイス、ブラウザの種類、ユーザジャーニー、個人の目標、その他多くの変数によって異なります。
そのため、Core Web Vitalの指標を最適に利用し、測定するためには、このようなユーザの多様な組み合わせに対応する必要があるのです。

さらに、Googleが提供している他のツール、DevToolsにしてもPageSpeed Insightsにしても、ローカルあるいはソースに近いところで計測していることを考えれば、Googleだけを使うのでは足りないほどのリーチと再現性が必要なことにすぐに気がつくはずです。
開発者AがDevToolsの結果を開発者Bと共有し、彼らがどこにいるかによって全く異なる結果を見ることになると考えてください。

つまり、Core Web Vitalsの測定にCatchpointを使用することで、ユーザの皆さんには5つの重要なメリットがあるのです。

  1. 操作性
    より多くの信号とより少ないノイズで、貴重な最適化リソースを集中させることができます。
  2. 精度
    顧客セグメント、地域、または別の次元で検知基準を一致させます。(M1でWebPageTestを実行する人はいますか?)
  3. リーチ
    これらの新しい指標と世界最大のデジタル監視テレメトリーの実績を組み合わせています。
  4. 信頼性
    測定値の標準化と再現性を実現する単一情報源。
  5. 結束力
    ラボ測定とフィールド測定の両方を、ひとつの統一されたプラットフォームで実現します。

CatchpointのWebPageTestを使用して、GoogleのCore Web Vitalsをサポートする方法についてもっと知りたいですか?
こちらのプレスリリースをご覧ください。