Happy Sysadmin Day

ハッピー・システム管理者デー!

2022年9月1日
翻訳: 島田 麻里子

この記事は米Catchpoint Systems社のブログ記事 Happy Systems Administrator’s Day!の翻訳です。
Spelldataは、Catchpointの日本代理店です。
この記事は、Catchpoint Systemsの許可を得て、翻訳しています。


システム管理者の日、おめでとうございます!

7月29日は、システム管理者(およびネットワーク管理者、ネットワークエンジニア、ITヘルプデスクなど、ネットワークの稼働を支えているすべての人)の努力に感謝し、敬意を表する日です。
あなたはこの一年間、問題の解決、ユーザの受け入れ、新しいシステムの統合、そして全世界の接続を維持することに従事してきました。
毎年7月最後の金曜日に、あなたの努力が高く評価されていることを実感してください。

ITで頑張っている皆さん、いかがお過ごしでしょうか

とはいえ、今年も頑張るITの皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

すべては順調?
今年はユーザが賢く、無能でなくなった?
予算は増えました?
スタッフは増えましたか?
経営は良くなった?
ネットワーク全体がシンプルになり、管理しやすくなっていますか?

さて、皆さんの多くは、今、皮肉っぽく笑っていることでしょう。
誰をからかってるんだ?と。

真面目な話、一日の終わりにユーザの一人があなたのところにやってきて、握手をして、一日中ネットワークを使った素晴らしい体験をさせてくれたことに感謝したのは、いつが最後だったでしょうか?

前回、運用予算が増額されたのはいつ?
あなたはいつから「より少ない人数でより多くのことをやり続けろ」と言われるようになったのでしょうか?
最後に誰かがあなたにコーヒーを奢ったのはいつですか?

システム管理者の日はどのように始まったのか

ITは感謝されない仕事であり、ほとんどの同僚から尊敬されることがないことは誰もが知っています。
「システム管理者の日」は、彼らのアイデアでもなく、2000年に一人のシステム管理者(テッド・ケカトス氏)によって始められたものです。
目標は、ちょっとした感謝の気持ちと、ケーキを食べたり、オフィスの休憩室で人目を引くことでした。

しかし、今は全員がリモートで仕事をしているので、休憩室もなければオフィスもない。
世界中のユーザをリモートでサポートしているのに、ユーザのデスクまで行って睨みを利かせながらcaps lockキーを押してログインの問題を解決するという単純な楽しみさえ得られないのです。

物事はこれ以上単純にはならない

そして、何もかもがシンプルになったわけではありません。
何年も前、私の会社は展示会でこのようなTシャツを配っていました。

展示会で配られたTシャツ

一般的なユーザにとって、デバイスとインターネットサービスの間のすべては、見ることもコントロールすることも理解することもできない、大きくて不透明な箱なのです。
まるで魔法のように。

違いと言えば、数年前までなら、ITチームはその箱の中に入っているものを見て、コントロールすることができたのです。
いや、恐らく彼らが最初にその箱を作ったのでしょう。
しかし、今ではそのすべてがサードパーティにアウトソーシングされ、クラウドプロバイダにアップロードされ、閲覧やトラブル解決、制御ができないだろう機能に依存しているユーザと、あなたは同じような立場にあります。

問題点を追及することは、かつては干し草の中から針を探すようなものでしたが、今は干し草の「山」の中から針を探し出すようなものです。
すべては他者のフィールドにあるのですから。

良いお知らせ

このデジタル変革によって、実際にインターネットが少し使いやすくなり、信頼性が高まったことは良いニュースです。
例えば、RAIDの容量が満杯になることやサーバのオーバーヒートを心配することは、最近ではほとんどないのではないでしょうか。

しかし、新たな懸念が前面に出てきました。
それはサポートしているユーザの体験です。

ユーザに立ち上がってもらい、動いてもらうのは今では容易になっています。
在宅勤務になってからは、彼らは助けを得るためにチケットを開き、ルールに従うことを余儀なくされているのです。
つまり、誰かがあなたのデスクまで歩いてきて、「ちょっとだけ質問いい?」と邪魔されることはもうないのです。

しかし現在では、ユーザが業務に必要なシステムやサービスに確実かつスムーズにアクセスできるかどうかが、より大きな関心事になっています。
TeamsやZoomのようなコラボレーションツールは、ビジネスにおいて絶対的に重要なものとなっており、社員がそれらを使用中に接続できなかったり、大きな遅延に悩まされたりすると、簡単に仕事を終わらせることはできません。
SalesForceやMarketo、SharePointなどのクラウドベースのアプリケーションも同様で、魔法の箱の中に存在する他の多くのツールも同じです。

ユーザにとって快適なオンライン体験を提供するために、あなたやあなたのチームはたゆまぬ努力を続けています。
そして、あなたは感謝され、尊敬されるに値するのです。

システム管理者の日を祝う(そして技術者への崇拝を促す)ための4つのトップヒント

では、システム管理者の日にメッセージを送ったり、ケーキを一緒に食べたりするためにオフィスにいるわけでもないのに、どうしてそんなことが起こるのでしょうか?
このヒントによって、ユーザから全能の技術神として崇められることはないかもしれませんが、あなたがユーザの生活をより良くするためにどれだけ努力しているかを彼らに実感してもらうことはできます。

1. 教育する

いや、彼らはネットワークの仕組みを理解することはできないでしょう。
実際、あなたのチームの半分も完全に理解しているわけではありません。

しかし、それがいかに複雑なものであるかを把握することはできます。
その魔法の箱の蓋を開けて、新しいシステムを統合するためには、単にいくつかのスイッチを切り替えるだけの問題ではないことを示すことができるのです。

ネットワークマップやオペレーションセンターの画面を見せ、それらをオンラインで見られるようにしましょう。
彼らはその画面を完全に理解するつもりはないでしょうが、あなたがいかに多くの異なるものを管理しているかに気づくでしょう。
ここでの目標は、彼らをシステム管理者にすることではなく、あなたの仕事がいかに大変かを理解させることです。

教育する

2. 自慢する

自分自身とチームをアピールしましょう。
あなたが頑張っている姿を、他の社員にも見せてあげてください。
あなたが解決したチケット、適用したパッチやアップデート、最適化したシステム、防止した不正侵入、実行中のネットワーク計画などをすべて伝えてください。

可能な限り数値化し、自動化したもの ― チームを評価する方法であれば、おそらくこのデータはすぐ手元にあるはずです。
それをメールマガジンや社内Webサイトにまとめて紹介すれば、みんなにそれを示唆することができます。
あなたのチームが毎週処理している修正量の多さにユーザが気づけば、あなたはITヒーローになれるでしょう。

ITヒーロー

3. FUD(恐怖、不確実性、疑念)を拡散する

あなたのチームが防いだ災害はすべて報告し、公表してください。
しかも大災害だけでなく、日常的な問題でも、です。

不正侵入をどれだけ防いだか、定期的なメンテナンスでどのようなセキュリティ上の脅威を防いだか、ITチームの不断の努力がなければどのようなSLAを逸脱していたかを紹介しましょう。
そして、それをすべて数値化して、時間とお金の面でどれだけのコストがかかるかを教えてあげてください。
もし先週、システムの設定ミスでSLAを逃した場合、自分の企業が負うことになる経済的損失がどの程度になるかを彼らに把握させるのです。

お金のことは誰でもわかります。
毎日、避けられない破滅と破壊を阻止していることで、彼らを震え上がらせてください。

FUDはどこにでも

4. 福音を説く

これは棒で、こっちは人参です ― そんな風に、ネットワークが彼らのために何ができるかを示すのです。
適切なリソースがあれば、例えば、適切なソフトウェアを導入すれば、営業担当者が毎週30%多く見込み客に電話をかけることができことをユーザに伝えてください。
あるいは、より優れたCMSや別のCDNプロバイダによって、顧客のWebサイト体験を向上させることもできます。

ネットワークこそビジネスであり、より良いネットワークはより多くのビジネスを意味することを彼らに再認識させてください。
ITチームが夢のネットワークを構築することができれば、彼らが享受できるユートピアを示すのです。
そのときには、彼らはあなたの味方となり、その夢を実現するために、あなたと共に行動してくれることでしょう。

ITに関するほどんどの取り組みは、社内の大多数のユーザの目には見えていません。
その取り組みを、会社全体が話題にし、応援するようなものにしたいとは思いませんか?

ユートピアへの看板

ハッピー・システム管理者デー!

上記の提案をいくつかでも実行できれば、チーム全体がITヒーローになり、年に一度のケーキの切れ端以上のものを手に入れることができるはずです。
それどころか、毎日がシステム管理者の日であるべきだと、会社全体に認識させることができるかもしれません。

それまでは、Catchpointにいる私たちが、あなたの仕事ぶりに心から感謝していることを知っておいてください。
休憩室でケーキを差し上げることはできませんが、少なくとも私たちは、今年も私たちを結びつけてくれたことに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

そして、Catchpointのシステム管理者、ITオペレーション、ITサポートチームの皆さんにも感謝の意を表しましょう。
Catchpointにいる私たちのために、日々あなたがしてくれることすべてに感謝します!