DNS計測・監視

DNS計測・監視

DNSは、インターネットを利用した全ての通信の起点を担います。
DNSが遅延すれば、全ての通信は遅延し、DNSに障害が発生すれば、全てのサービスは提供できなくなります。
DNSの性能と可用性の管理は、全ての企業にとって最重要事項です。

目的

ルートサーバからの階層毎のレスポンスタイムの確認
ルートサーバから、階層を追って名前解決していき、それぞれのレスポンスタイムを計測することで、どこのNSが遅延しているのかを明確にします。
どのNSがレスポンスを返しているかを確認
NSが冗長構成を取っている場合には、どのNSがレスポンスを返しているのかを明確にします。
DNSのレスポンスタイムが遅延している場合には、最寄りのNSではなく、遠いNSがレスポンスを返している場合もあります。

実装

ターゲットなるホスト名、もしくはIPアドレスを頂きます。
札幌、東京、大阪、福岡の国内4都市から、定常的にTrace Routeを実行して、経路上のレイテンシとパケットロスを計測・監視します。

計測頻度で、パケットロスを検知する確率が変わります。
パケットロスの発生確率は、途中経路のネットワーク機器の品質や負荷に問題が無ければ、ポアソン分布に従います。
計測頻度は、1分、5分、15分からお選び頂きますが、1分が推奨です。

データ

散布図

DNSの計測拠点別→レベル別散布図

累積分布関数

DNSの計測拠点別累積分布

DNS観測値詳細

DNS観測値詳細

アラート/レポート機能

アラート機能

エラー検知
DNSのエラーを検知した場合には、即座に、指定のメールアドレスにアラートメールを送信することが可能です。
遅延検知
DNSのレスポンスタイムの閾値を設定し、その値を超えた観測値を計測した場合には、即座に指定のアドレスにアラートメールを送信することが可能です。

レポート機能

日次で、DNSのレスポンスタイムについて、グラフ化したレポートを指定のメールアドレスに送信することが可能です。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ サービス、製品に関するお問い合わせ