traceroute_monitoring

Trace Route計測・監視

インターネットの通信を高速道路に例えるならば、車線数が帯域幅、時速はレイテンシに該当します。
どんなに帯域幅が広くても、レイテンシが遅ければ、高速道路の渋滞のように通信は遅延します。
また、途中経路のパケットロスは、高速道路上での事故で混雑を引き起こすように、通信を遅延させます。

目的

Trace Route計測・監視の目的は、日本道路交通情報センターの高速道路の混雑状況のニュースのように、現在のインターネットの経路状況の計測・監視です。
刻一刻と変化する対象都市の対象ISPからWebサーバやCDNのEdge Serverまでの各ホップにおけるレイテンシとパケットロスを計測・監視し、ネットワーク到達可能性(Reachability)を把握します。

サービスに遅延や接続障害が発生した際に、Trace Routeのデータがあると、下のレイヤーでの通信が確保できているかどうかの判断が可能となります。
また、Layer3のIP、Layer4のTCPやUDPでの遅延が生じている、パケットロスが発生している場合は、当然ながら、障害や遅延の際の対応策が変わります。

実装

ターゲットなるホスト名、もしくはIPアドレスを頂きます。
札幌、東京、大阪、福岡の国内4都市から、定常的にTrace Routeを実行して、経路上のレイテンシとパケットロスを計測・監視します。

計測頻度で、パケットロスを検知する確率が変わります。
パケットロスの発生確率は、途中経路のネットワーク機器の品質や負荷に問題が無ければ、ポアソン分布に従います。
計測頻度は、1分、5分、15分からお選び頂きますが、1分が推奨です。

データ

散布図

Trace Routeの散布図

累積分布関数

Trace Routeの累積分布関数

個票の詳細データ

Trace Routeの個票の詳細データ

長所・短所

長所

短所

アラート/レポート機能

アラート機能

エラー検知
パケットロスを検知した場合には、即座に、指定のメールアドレスにアラートメールを送信することが可能です。
遅延検知
レイテンシの閾値を設定し、その値を超えた観測値を計測した場合には、即座に指定のアドレスにアラートメールを送信することが可能です。

レポート機能

日次で、Trace Routeのレイテンシについて、グラフ化したレポートを指定のメールアドレスに送信することが可能です。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ サービス、製品に関するお問い合わせ