R.A.フィッシャー

実験計画法とは

実験計画法とはと実験計画法

実験データは、現代統計学の父である、ロナルド・エイルマー・フィッシャー博士が考案した「実験計画法」に基づいて設計・取得されます。

実験計画法は、データ取得の基本となっており、製造業や医薬業界、調査会社などを中心に広く活用されています。
統計的品質管理の要となるものです。
フィッシャーの死後も、組合せ論をベースに、発展し続けています。

実験計画法の中でも、最も基本的な部分、フィッシャーが提唱した三つの原則を「フィッシャー三原則」と言います。

局所管理化

影響を調べる要因以外のすべての要因を可能な限り一定にします。
ブロッキングとも言われています。

実験計画法とはでは、以下の事が行われています。

反復

計測ごとのバラツキの影響を除くために同条件で反復します。
数多く計測して、標本の大きさを大きくすることで、確率的に真の値に近づいていきます。

実験計画法とはでは、以下の事が行われています。

無作為化

値の独立性を担保し、系統誤差を偶然誤差に転化するために、標本の無作為抽出を行います。

実験計画法とはでは、以下の事が行われています。

お問い合わせフォーム

本サービスのご相談やお見積り、事例についてなど、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ サービス、製品に関するお問い合わせ